休憩鳩が1匹でも見られたら【業者が行なうスピーディーな鳩対策】

鳩対策はできるだけ早い段階で!休憩鳩の放置はNG

鳩対策が完了するまで~休憩鳩による悩みを解消~

鳩

被害を出していない状態にある休憩鳩でも、放置しておくといずれはその場所を中心に建物や人体に悪影響を及ぼしてしまいます。業者に依頼すれば、被害が大きくなる前に手際よく鳩対策を進めてくれます。そこで、業者が行なう鳩対策の流れを紹介していきます。

鳩対策の流れ

問い合わせ・相談

ベランダに休憩鳩が見られるようになったら、状況を確認した後、鳩対策を行なっている専門業者に電話しましょう。鳩対策をしてもらいたいという旨を伝えればすぐに現場に駆け付けてくれます。このとき、なるべく現場の状況を詳しく伝えるようにしましょう。

現地調査と見積もり

専門スタッフが現場に着いたら、すぐに現地調査をしてくれます。この調査は無料となっています。現地調査が終わったら、スタッフの口から対策内容の説明が行なわれ、同時に見積もりが提示されます。対策内容や見積もりの内訳に何か疑問があれば、その場で質問しましょう。

検討後に作業日を確定

見積もりを提示されたら、少し時間をもらって、依頼するかどうかじっくり考えましょう。複数の業者に現地調査に来てもらい、見積もりを比較するのも良いでしょう。依頼する業者が決まったら、そこに正式な申し込みをし、作業日を調整していきます。作業日は基本的に依頼者が決めることができます。作業日が確定したら、後はその日を待つだけです。

これが専門業者による鳩対策の一連の流れです。流れを把握しておけば、業者とのやり取りをスムーズに進めることができます。休憩鳩が一度でも見られたら、被害が大きくなる前にすぐ専門業者に依頼を出しましょう。プロの手であっという間に鳩を追い出すことができるでしょう。

アフターフォローで再発防止

鳩対策を行なっている専門業者は、販売している商品にアフターフォローを設けています。だから、もし保証期間内に鳩が再度巣作りに来たりねぐらとして利用したりするようなことがあれば、無料で鳩対策をやってくれます。アフターフォローの内容は各業者で異なるので、業者選びの際にチェックしておくようにしましょう。

TOPボタン