休憩鳩を見つけたらすぐに鳩対策を【ベランダの鳩を見逃すな】

鳩対策はできるだけ早い段階で!休憩鳩の放置はNG

休憩鳩をそのままにしない~鳩対策は早めに行なう~

鳩がベランダに棲みつくと、ベランダ付近を中心に様々な被害が出てしまいます。家のベランダで休憩鳩が見られるようになったら、すぐに鳩対策を始めましょう。

鳩による被害


鳩が棲み着くとどんな被害が出るの?
最も大きな被害は糞害です。悪臭がするのはもちろん、美観性を損ねたり、糞に含まれる酸によって金属を腐らせたりするという被害が出ます。また、鳩の糞は害虫の発生源にもなり、ダニやノミ、シラミが発生する恐れがあります。ベランダから屋内に侵入してくる可能性も十分にあり得ます。さらに、糞にはアレルギー物質や病原菌を媒介する可能性も持っています。これらの影響で、オウム病やサルモネラ食中毒、クリプトコッカス症などを引き起すことも考えられます。

レベル別の鳩被害

休憩鳩
羽休めをする場所として、休憩できる場所に居座る行為です。住宅の場合、主にベランダの手すり部分が利用されます。滞在時間は短いものの、鳴き声による騒音被害や軽度の糞害などを受けます。
待機鳩
ベランダの手すり部分だけでなく、床面まで利用されるようになります。「待機鳩」という名称は、仲間を待っている状態にあることから付けられています。糞害の被害レベルが少し上がり、洗濯物に糞が付くといった被害を受けるようになります。
ねぐら鳩
ただ羽を休ませたり待機場所として活用されたりするだけでなく、ベランダをねぐらとして利用されてしまいます。昼間はもちろん、夕方や夜間帯にも居着くようになります。糞害はもちろん、日中鳴き声による騒音被害を受けるようになってしまいます。
巣作り鳩
文字通り巣作りをされてしまいます。鳩は一度巣作りを始めると、その場所へ強い執着を持ち、簡単には出て行かなくなります。騒音被害や糞害の被害の大きさも甚大で、駆除に関しても一筋縄ではいかない状態と言えます。

このように鳩による被害にはレベルがあり、レベル4の巣作り鳩にまでなってしまうと、甚大な被害を受けてしまいます。そうならないためには、休憩鳩の時点で鳩対策を行なう必要があります。

しつこい鳩は業者に対応してもらう

鳩対策は簡単にできるものではありません。そこで頼りになるのが専門業者です。専門業者に任せれば、しつこくベランダに居座る鳩を迅速かつ確実に駆除してくれます。

鳥獣保護法に注意

十分に注意して対処しなければなりません(鳩駆除業者)

日本には鳥獣保護法という法律が定められています。鳩はこの法律の対象に含まれる鳥類なので、許可なく殺傷したり捕獲したりすると罰せられてしまいます。我々専門業者が鳩対策における駆除ができるのは、国が指定した機関から許可を得ているからです。だから、許可を得ていない人間、例えば鳩から被害を受けている一般の方が勝手に駆除を図るのは違反に当たるのです。

プロなら安心

窓と鳩

鳩対策を専門としている業者は、休憩鳩が見られるようになった家から巣を作られてしまった家まで、どのような場所・状況にも対応してくれます。24時間・365日対応をしている業者であれば、都合の良い時間帯にいつでも依頼を出すことができます。現場で鳩対策を図ってくれるのは実践経験が豊富な専門スタッフなので、手際よくしっかり鳩を追い出してくれます。そのため鳩対策はプロに任せるのが一番なのです。

TOPボタン